中古マンション売買で大切にしていること

大阪市北区の天満不動産のPR


大阪市北区およびその周辺エリア専門。

地域に根ざした小さな会社ならではのフットワークで、

お客様の中古マンション売買(購入・売却)を全力でサポート。

営業ノルマとは無縁ですので、強引な営業や執拗な追客は一切ございません。

薄利多売より適利適売

一つ一つの案件を真剣に全力投球で行おうとすれば、不動産業は数でさばく類のものであってはならず、安易な割引は意図的にバックマージンの大きい物件を紹介すること に繋がります。

 


高額査定より正直査定

大阪市北区の「天満」という地域を社名にしていることから地域事情には精通し、地域特性に基いてお客様の大切な資産を適切に査定させていただきます。

 

一般的に中古マンションの価格査定は業界標準の査定マニュアルソフトを元に算出するのですが、同じソフトを使っているので同じような査定額が普通です。そしてこの不動産の査定額は「3ヶ月以内に売却できると想定される価格」であって、中古車や貴金属の買取価格である「売却価格」や「成約価格」とは全く異なります。

 

複数査定でより高額な会社に依頼したにもかかわらず、いつまでも売却できずに値下げ交渉が入る。弊社ではこのような媒介契約欲しさに高額査定を出して、徐々に値下げ要求(値こなし)するようなことはしません。真面目に正直な査定金額で早期売却を目指します。

 

最初から相場並なら普通に売却できますし、相場以下なら早期売却できます。 時間が経った物件は鮮度を失い、陳腐化した物件は売りづらくなります。

 


双方媒介より片方媒介

弊社はより高く売却したい人とより安く購入したい人のご希望を、同時に叶えられるほど器用ではありません。

 

中古マンション売買では一般的に両手取引=双方媒介(売主と買主双方を媒介)を目標としますが、弊社では利益相反する売主と買主双方を同時に媒介するような両手取引でなく、売却なら売主側、購入なら買主側をサポートする片手取引=片方媒介にとことん徹します。

両手取引を求めるあまり、売却依頼の物件情報をレインズ登録はするものの、「売り止」「商談中」勝手に「広告不可」などと実質クローズドにする囲い込み行為は、早期売却を希望される売主の意に反するものと考えます。


 

物件第一よりお客様第一

弊社が接しているのは物件ではなくお客様そのものだと考えます。
そのため両手取引の放棄に伴い、物件のストック化とお客様のリスト化を放棄しました。

 

一般的に預かった物件は売れた時に利益になります。いつか売れればいい訳で目先のキャッシュが必要な場合を除き、いつ売れようが正直なところ無関係。いかに多くの手持ち物件があるかどうかが大切なので、売却希望案件は「高額査定に自信」「早期売却に自信」で不動産物件をどんどんストックします。

 

購入希望案件は会員登録による非公開物件の公開という手法を用いてお客様情報をどんどんリスト化します。会員登録することによってあたかもマル秘な自社物件が閲覧できるかのような印象を受けますが、ほとんどの場合レインズデータの二次使用であって、これはレインズの会員間取引規定にて禁止されています。さらに悪質な場合はお客様のご希望条件に見合うレインズ物件はあえてフィルタリングして「ご希望条件でご紹介できる物件は登録されておりません。」状況を偽装します。

 

こうやって売却希望と購入希望のデータベースが自社内システムの中だけでどんどん肥大化し、それぞれの条件が合えばマッチングという形で売買が成立、購入も売却も自社内でのみ完結する両手取引が完成します。

 
このようななんらお客さまのためにならないような手法を問題視し、国もレインズの本来の存在意義である「共同仲介」を機能させることに力を入れはじめました。

 

弊社でもタイミング良く両手取引の単独仲介になる事もまれにありますが、基本的に広く情報を公開する片手取引の共同仲介でお仕事をさせていただきます。